ニゾラールで水虫を完治させましょう!再発しやすくしつこい水虫にはニゾラールがおすすめです!病院で処方される場合もありますが、通販などでも購入できるので簡単に手に入る人気のお薬です。

2016年08月の記事一覧

ニゾラールとカーペットと足湯について

水虫は感染するので、温泉や銭湯、足湯を楽しんだ後は注意が必要です。
水虫の原因となる白癬菌は、温泉や銭湯、足湯で感染する可能性が高いのです。
その理由は、出入り口にある足拭き用のマットにあります。
多くの人が使う足拭き用のマットには、白癬菌が潜んでいる可能性があるのです。
白癬菌は、角質に付着するので、水虫になるのを防ぐには角質を落とすことが大事です。
温泉や銭湯、足湯から出る時は、できるだけ出入り口のマットを踏まないようにして、自分のタオルで拭くようにした方が安心です。
同じことはカーペットにも言えます。
水虫で最も多いのが、足の薬指と小指の間にできるタイプです。
指の皮膚が湿ってふやける湿潤型と、乾燥して赤くなる乾燥型があります。
湿潤型は、赤みが強く出て、細菌の影響で足が腫れてしまうケースもあります。
自覚症状がない場合、水虫を放置する人がいますが、水虫を放置すると症状が悪化してしまいます。
そして、足から爪に感染する可能性もあります。
爪に感染すると、爪の中で白癬菌が増殖し、さらに治りにくくなってしまいます。
家族がいる場合、家族に感染してしまう危険があるので、早めに治療を行うことが大切です。
水虫の治療薬として有名なクリームが、ニゾラールです。
ニゾラールは、水虫の原因となる白癬菌やカンジダに効果を発揮します。
脂漏性皮膚炎にも効きます。
脂漏性皮膚炎の場合は、1週間から2週間塗ることで症状の改善が期待できます。
ニゾラールは、副作用が比較的少ないことでも知られています。
水虫の治療は、広めに薬を塗ることが大事です。
ニゾラールを使って2週間から3週間たっても症状が改善しない時は、医師に相談した方がいいです。

続きを読む

症状を感じたらOTCか医療機関でもらうニゾラール

水虫の原因として知られる白癬菌は真菌の一種であり、抗真菌薬であるニゾラールを用いた治療がよく行われます。多くの人は水虫の症状として激しいかゆみを感じたり、皮膚が白くなってボロボロとしてきてしまったりするのを経験するでしょう。その対策として医療機関に行けば処方薬の一つであるニゾラールを用いて治療を行えます。しかし、水虫になってしまったのを人に知られたくないと考える人も少なくありません。その場合にはOTCの治療薬が選択肢になります。処方箋がなくても薬局で購入できる抗真菌薬は増えてきているため、症状を感じたら薬局に行けばすぐに治療を開始できるのです。OTCの場合には健康保険が適用できないことから全額を支払わなければなりませんが、医療機関にかからなくてもすぐに治療を開始できるというメリットがあります。しかし、症状によってはOTCでは対応が難しい場合もあるのが事実です。OTCとして販売されている抗真菌薬は外用薬であり、外用薬が塗布できる場所が患部でなければ使用できません。その点に関してはニゾラールも同様ですが、もし爪水虫などのように外用薬を使用できないところまで感染が及んでいる場合には医療機関なら内服薬を出してもらうことが可能です。あるいは爪に浸透するタイプの薬を処方してもらうこともできるでしょう。症状に応じてOTCで済ませられるかどうかは異なります。しかし、もともとは処方薬として使用されていたスイッチOTCが多いのが抗真菌薬であり、OTCでも高い効果が望めるものが多数あるのが現状です。医療機関にに越したことはありませんが、症状が明らかで外用薬で対処できるならOTCを選ぶのも悪くないでしょう。

続きを読む